店舗売却・居抜き物件を売りたい
オーナー様へ
​造作売却の手順
造作譲渡手数料無料です。
​お気軽に御相談くださいませ!

STEP.2 造作を売りたい場合

現在の賃貸借契約書・厨房機器等をチェックして

スムーズに売買が成立するようアドバイスします。​

その際にオーナー様の造作希望額をお聞きします。

ここで店舗専門不動産会社と一般の不動産会社の

違いが発揮されます

◇経験豊富なスタッフがお客様に寄り添って誠心誠意対応!不動産営業歴20年、店舗売却経験15年の担当スタッフがお客様のご相談を承ります。店舗専門の不動産会社として、これまでに数多くの「店舗売却・居抜き物件売却」に携わってきたため、あらゆるトラブルにも的確な判断・アドバイスが可能です。どんなに小さなことでもお気軽にご相談ください。

不動産経験暦20年のオキが​責任を
持ってお手伝いします。

契約書の確認

オーナー様が、結んだ現在の賃貸借契約書には

1、造作譲渡を認めた契約
2、引渡し時、スケルトン渡しの契約

以上の2種類の契約内容があります。
どの契約であるかを確認し、今後の進め方をアドバイス。

造作を希望価格で売る為には

契約期間中に売却を成立させる事が重要になります。
大家様に解約届けを出す前に御相談くださいませ!

 

厨房機器等のリースがある場合

 

1、リースが残存する場合、リースの引継ぎは金融機関の審査があり時間を有します。

  造作を売った金額でリーズ残債を失くすパターンがオススメです。


1、造作譲渡を認めた契約
2、引渡し時、スケルトン渡しの契約

以上の2種類の契約内容があります。
どの契約であるかを確認し、今後の進め方をアドバイス。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

 <他社との違いはここ>
■他社より安い手数料です。
■日本初の飲食店舗専門不動産会社の信頼 

■飲食店舗の不動産専門の知識
■成約実績からくる難題の解決

■親身な対応 

©2019 NIPPON FLEX Co.Ltd., All Rights Reserved.