ABOUT ME

 <他社との違いはここ>
■他社より安い手数料です。
■日本初の飲食店舗専門不動産会社の信頼 
■飲食店舗の不動産専門の知識
■成約実績からくる難題の解決

■親身な対応 

 ソーシャルメディア

 Facebook

Twitter

Instagram

©2019 NIPPON FLEX Co.Ltd., All Rights Reserved.

コラム

【東京】居抜き物件売却をお考えの方必見!飲食店を居抜き売却するメリットと相談先

ホーム >> 居抜き物件売却について >> 【東京】居抜き物件売却をお考えの方必見!飲食店を居抜き売却するメリットと相談先

厨房機器などの設備はもちろん、内装もそのまま購入者へ引き継ぐ居抜き物件のことを造作譲渡といいますが、近年造作譲渡を希望する方が増えています。店舗閉店に伴い設備などを売却し、原状回復を行うよりも、居抜き物件としてそのまま売却する方が多くのメリットを得ることができるからです。


こちらでは、居抜き物件売却をお考えの方向けに、飲食店を居抜き店舗として売却するメリットをご紹介いたします。東京都内で飲食店を居抜き物件として売却する際は、ぜひ日本フレックス(株)へご相談ください。

飲食店は原状回復義務の引き継ぎができる!

不動産の賃貸借契約には、原状回復義務が発生します。つまり、借りたものは借りた状態に直してから返すというものです。


そのため、賃貸店舗で経営している飲食店などの店舗においては、居抜きという状態で売買しても良いの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

店舗経営者(オーナー様)は、内装や設備などを含めて購入者へ売却するため“売買”という表現にはなりますが、実際の店舗(不動産)自体を売買しているわけではありません。

あくまで、店舗の内装や設備を売買するということになるため、借主は元々の店舗経営者(オーナー様)から購入者へと代わり、原状回復義務も購入者へと移るのです。

居抜き店舗により解約予告期間の短縮が可能!

本来であれば、賃貸借契約を終了する際、契約書の中途解約条項に記載されている期間は家賃を払い続ける義務が生じます。しかし、何らかの理由で賃貸借契約を続けることができなくなってしまった場合、契約を解除することができるということはご存知の方も多いでしょう。


ただし、賃貸契約を解除すると意思表示をする場合、3~6ヶ月の解約予告期間が必要です。その期間中は、たとえ不動産を使用していなくても家賃を払い続けなければいけません。しかし、居抜き店舗として売買することで、この解約予告期間を短くすることができるのです。


その理由は、“「居抜きでお店を売買する」という表現は使うものの、賃貸契約上では借主の名義を変更するだけ”だからです。そのため、元の名義人である売主と新しい名義人である買主、当事者同士の都合の良い日(契約日など)を持って名義変更を行うことができるのです。

居抜き物件として売却することで閉店売却に必要なお金が手元に残る!

原状回復工事には、1坪あたり約10万円の工事費がかかると言われています。たとえ10坪程度の小さなお店でも、100万円前後の費用がかかるのです。


しかし、居抜き売却の場合は、これらの原状回復費用が必要ありません。通常の閉店であれば必要になる費用が、居抜き売却の場合は必要なくなるので、その分のお金を手元に残すことができます。

また、設備などを処分するための費用や手間も省くことができます。大型設備は処分に数万円もの費用がかかることもあるため、その費用を抑えることができるのも居抜き物件として店舗を売却するメリットです。


現在では、東京都内にも内装を残す物件が増えており、状態によっては数百万で取引されることもあります。

東京で居抜き物件売却の相談をするなら日本フレックス(株)

東京で居抜き物件売却のサポートを行っている日本フレックス(株)は、東京都港区南青山の骨董通りに面した場所にあります。34年間、店舗専門の不動産会社として活動しており、これまでに数多くの店舗を居抜き物件として売却するお手伝いを行ってきました。オーナー様の現在のお悩みをしっかりとお伺いした上で、これまでの経験や知識をもとに解決策をご提案いたします。ご相談は無料で承っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。東京都内はもちろん、周辺エリアからのご相談にも対応いたします。

東京で居抜き物件売却をお考えなら日本フレックス(株)へ

【会社名】
店舗コンサルタント  日本フレックス


【住所】
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4−35
たつむら青山マンション812号室


【TEL】
03-5785-3240


【FAX】
03-5785-3243


【E-MAIL】
oki@n-flex.co.jp


【URL】

https://www.n-flex.co.jp/