店舗売却の費用は?

最終更新: 4月26日



Q.店舗売却ではどのような出費が考えらますか?


A.具体的に以下の例が考えられます。

1. スケルトン工事をするとなると→約100万円の損失に。 2. 預けている保証金が「償却20%」と記載がある場合は300万円の20%、つまり60万円が引かれてしまいます。 3. 即解約は出来ないので解約期間の賃料の支払い義務が発生し、180万円の損失が生じます。


1〜3のような事態を想定した場合、出費の合計は340万円です。

上記の出費を避けるためには方法があります。
それは造作譲渡(造作・厨房機器の売却)です。

日本フレックスでは無料相談を行っております。

さらに、弊社は造作譲渡が成立しても 

​手数料は無料です!

お気軽にご相談くださいませ。

東京の居抜き物件・店舗売却は 日本フレックス https://www.n-flex.co.jp 【TEL】03-5785-3240



​新着記事

 <他社との違いはここ>
■他社より安い手数料です。
■日本初の飲食店舗専門不動産会社の信頼 

■飲食店舗の不動産専門の知識
■成約実績からくる難題の解決

■親身な対応 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2019 NIPPON FLEX Co.Ltd., All Rights Reserved.